4485F764-4BD6-4214-BD8E-A08470362C62

Big Blue・今日の海ログ 2023/01/26-01/30

『2023.01.26-01.30 BLUE DOLPHIN号第9回クルーズ報告』

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/序盤は少々、終盤は強風
流れ/程よく
透明度/15〜30m

第9回のブルードルフィン号のクルーズに行ってきました。

DAY 1

#1 Hideaway Bay

#2 West of Eden

#3 Three Trees

#4 Turtle Rock

7EDA699A-468C-4CAF-B47A-5A578A749C4D

ハイダウェイ

まずはシミラン5番の島のこのポイントでチェックダイビングからのスタートです。
 
ウエイトの確認などしながらのダイビングです。チェックダイブとは思えないほどの魚影の濃さで開幕にふさわしいポイントです。
フエダイ科のお魚がわんさかいて黄色が眩しいです。

976E5328-5D59-4AC1-B813-FD4AB05E2AB7

深場に横たわってる沈船もここのポイントの特徴です。
あまり大きくはないですが、綺麗な状態で沈んでいるので写真にとても映えます。

CE83ABC2-013B-441B-BB15-DF6710652B1F

 

 

ウェストオブエデン

少し潮を受けながらも、ウミウチワの街と呼ばれる綺麗な地帯でソフトコーラルも楽しみました。
近くには多種のハナダイが群がり、サンゴと一緒に綺麗な景色を演出してくれてました。
 
13B32830-0490-4546-B4EF-6696632C85F4
 
ソフトコーラルにヤマブキスズメダイの幼魚が群がる様子もとても綺麗です。
A501ABB2-F17C-417E-84C0-DE6B71DF260F
 
 
スリーツリーズ
 
3本目は9番の島の東側のポイント。
砂地が綺麗に広がっているシミラン随一の癒し系ポイントです。
 
根に広がるスカシテンジクダイと綺麗な赤が映えるユカタハタ。
砂地にはハゼがたくさん
ここでは人気のオーロラパートナーゴビーがよく見られます。

78FA7F6A-71A5-46CF-B2CF-AF0DD167B898

日本でも馴染みのあるヒレナガネジリンボウも結構近寄ってもあまり逃げずに写真を撮れました。

FF034A7D-A63A-40E1-A310-AB75B07F23B0

潮がよく当たる突端には地形がガラッとダイナミックに変わり、グルクン系の魚が群れそれを追うカスミアジ、ロウニンアジがぐるぐるしていたのも印象的でした。
そのダイナミックさを肌で感じるのが、この巨大な通称お化けカイメン。人よりも大きいこのサイズは圧巻です。
 

D9DDE030-43F3-4346-A0BC-74AB899B49F0

癒し系ポイントと言いながらも、ダイナミックさも兼ね備えるポイントでした!

 

 

ダイビング初日には8番の島のドナルドダックベイのビーチに上陸します。
 

30DAD3D3-0C7C-4265-974B-BEFD7C0800A4

ブルードルフィン号に乗船している皆んなで記念写真。

8D8C6CFB-6021-4729-A560-822277C1F8C2

ここで有名なのは今にも落ちそうなこの岩です。
バランシングロックと呼ばれるこの岩のすぐそばまで登り、みんなで写真を撮りました。

A9ABD6E7-647A-4271-9C92-EF6D2B1E8C55

今回のビーチ上陸では、ミノバト(ニコバルハト)がいっぱい見れました。

E3FD8969-5078-4ADE-813C-B155E781D31D

ミノバトは鳩の仲間で、絶滅したドードーと一番近しい種と言われています。

分布域にインド領ニコバル諸島周辺が含まれていることから、ニコバルバトと呼ばれています。

マントのような深緑の羽が美しいですね〜

 

そしてこの日の4本目はサンセット&ナイトダイブ!

夕日の沈むタートルロックで潜りました。

82B9544D-C8FF-4A2A-B997-1058714509E7

この時間帯に潜ると、魚たちは昼間よりも近く忙しそうに動き回ってます。
この時間特有のスカシテンジクダイが根から広がっていく姿や、逆にアカモンガラが寝床に入っていく様子など昼間では見ることができないような景色を時間が経つにつれて見ることができます。

BFDC557B-5BCC-4F40-A891-DFE613087286

暗くなると色が変わっていく魚もいるのも1つの特徴です。
色が吸収されやすい赤色に変化するクマザサハマムロ。
7EEC456B-1723-4235-B2C6-3D08278C11F1
 
エキジットをする頃にはすっかり暗くなり、お腹も空いたところで夜ご飯です。
ダイビング初日お疲れさまでした〜。
 

DAY 2

#1 North Point

#2 Koh Bon West Ridge

#3 Koh Tachai Pinnacle

#4 KohTachai Pinnacle

 

クリスマスポイント

さぁ2日目はシミラン9番の島のポイントからスタートです。
ここのポイントでは先週のトリップでマンタが出たということもあり、自然と大物を意識してしまう雰囲気の中のダイビングでした。
他のショップの方たちもみんなが集まり捜索してましたが、結果は実らず。
代わりにオニカマスが単体でしたが登場。
 
58F0C19C-F7CF-45D0-966A-88E45671C1C1
 
ムレハタタテダイもたくさんいましたよ〜。

B7BB886D-56CE-4959-A32F-701E9602645C

ダイナミックな地形やソフトコーラルも楽しめるのは朝から癒しです。

 

コボン

ダイビング2日目は大移動の日です。
シミランで1本目を潜った後は、コボンに移動です。
 
コボンではゲストのリクエストがあったアケボノハゼの外人さんを見に行きました。
ハタタテハゼ、アケボノハゼ、シコンハタタテハゼ(ヘルフリッチ)に続く4種目のハタタテハゼ属のお魚です。
アケボノハゼにそっくりですが、体色の黄色の部分がより後部まで続き、紫へのグラデーションが尾鰭の近くにあります。
英名ではエクスクイジタダートフィッシュと言いますが、『エクスクイジタ』とは直訳すると『雅やかな』とかいう意味です。
なので、ミヤビハタタテハゼって感じですね。。。
水深27mと普段より行きやすい水深にいてくれてるので、とても貴重な存在です。

27CD701B-1441-4D60-88CF-47872A91D9C3

62F2F9CA-4BE8-4B22-86E2-50C32631A5E9

気持ちいのいい太陽を浴びながら、少し揺れつつもコタチャイにむけて移動します。

 

タチャイ

コタチャイでは2本潜ります。
前回トリップは新月だったこともあり、爆流だったタチャイピナクルですが、今回は緩く流れておりワイド目線でダイビング楽しむことできました。
タカサゴ科の魚、イエローバックフュージュラーもびっしりと中層を覆っていました。
 
4E4380C5-A6D8-419C-80CD-A076297280A5
 
シミランより1回り大きいロウニンアジやギンガメアジ、ツバメウオなどをゆっくりと見れました。
 
B90E7163-1996-4572-A32D-C35E6877B915
 
E3C38239-9D88-4277-9664-D06AC8687259
 
AE44E18D-BCE7-44FC-8BE8-4D2F1E401CD0
 
最後は流れに乗って流しながら安全停止。
流れに身を任せて景色が変わっていくのは気持ちがいいです。
このポイントの名物でもある、3Dウミウチワも見て、魚だけではなく景観も楽しみながらの2ダイブでした。
 
BE558C7E-3BAB-4824-839B-6A349BFE195C
 
安全停止前にはクラゲに魚がついてる様子まで
 
BD736808-253C-4C40-9026-FD2744063A6D
 
夜はスリン島に向けて大移動です。
風が強く揺れながらではありましたが、無事に到着し穏やかな島陰で一晩過ごしました。
2日目もお疲れ様でした〜。

 

 

 

 

 

DAY 3

#1 Aow Suthep

#2 Koh Pachumber

#3 Koh TrinRa

 
3日目最初のダイビングはスリン島のポイントからスタートです。
ここのポイントは今回のクルーズで1番ハードコーラルがキレイで密集してる人気のポイントです。
浅場から深場までびっしりと密集したハードコーラルに各種スズメダイが混在しているのを見ながらのんびりとダイビングを堪能。
 
051432FD-943B-4080-8032-58225C320D2C
 
F95B2A8B-4F08-4BB0-8ABC-071184DC2A8C
 
CFF6C6BD-6AE0-4928-9117-D8C1CE2FC1AD
 
浅場がメインになるので、ダイブタイムもフルで潜ることができました。
 
 
2本目、残念ながら風が落ち着かず、安全第一でリチェリューロックに向かうのは断念。
代わりにスリン島の別のポイントに移動してのダイビングです。
ここのポイントは規模はそこまで大きくないものの、2つ並んだ大きなサンゴの根にスカシテンジクダイがびっしり。
 
CB81A837-63A0-49C7-9635-59C6051F6BA3
 
砂地には写真にはないもののヒレナガネジリンボウがいたりと、同じスリン島でも見れる生物の違いを楽しみながら、ここでものんびりダイビングが最高でした。
 
 
3本目もスリン島から、また別のポイントへ。
エントリー直後に透き通る青い海が待ってました。
今回で1番綺麗な透視度の中、気持ちのいい流れに乗り長距離をドリフトで流していきました。
途中途中で現れる、ピナクルでソフトコーラルやウミウチワなどハードコーラルだけじゃないスリン島を堪能することができました。
 
近くに来るカスミアジも圧巻です。
 
78F8FD4A-7461-4866-92F8-A7187AE47BE4
 
強風のためリチェリューロックにこそ行くことはできませんでしたが、スリン島で毎ダイブ違った雰囲気でダイビングすることができました。
 
本来の予定ではダイビング3日目も4ダイブでしたが、3ダイブまでにして風が強くなる前に早めにコボンに移動しました。
代わりに最終日はコボンで3ダイブです。

船は南下してコボンの島陰で泊まりました。

 

DAY 4

#1 Koh Bon West Ridge

#2 Koh Bon 

#3 Koh Bon 

 

穏やかな朝、少し早めにブリーフィングを始めコボンで潜りました。
エントリー直後にはここのポイント特有の水中から見るとまるで滝壺を下から覗くような光景が。
 
5AFE87A7-4881-472E-AB41-861FC6F18CFB
 
リクエストがあったアンダマンジョーフィッシュとハナダイギンポを見に行きました。
 
BB182645-8913-4E09-B21F-147485DCA28F
 
0A0BB86B-BE7C-4AA0-8E09-885CFF5C1D45
 
流れがそこそこ強く流れていましたが、ホウセキキントキやロクセンフエダイなどを群を見ながら
 
CB3E1E88-0E49-48BA-A7D6-E9B5DBD7D6AD
 
最後は浅場に綺麗なリュウキュウキッカサンゴ地帯があるところで安全停止。
 
C0572554-992F-4801-9FC6-61E0790E9F41
 
穏やかなエリアでサンゴとそれに集まる魚を見ながらのエキジットとなりました。
 
A07177D1-92F4-44E0-A5FF-01E34FAAA462
 
 
時間が経つのは早いもので、あっという間に最終ダイブです。
最後のポイントは同じコボンからサウスリッジです。
潮の流れが結構強かったので、長居はできませんでしたがブラックフィンバラクーダを堪能。
すぐその下にはピックハンドルバラクーダと同時に2種のバラクーダを楽しむことができました。
 
16BEA5E1-1203-4A75-9D94-1201B628A112
 
187C1BA2-D766-4B28-83B9-9384391AFAD5
 
そして最後に安全停止をしながらこのダイビングで200本記念を迎えたゲストのお祝いをしました〜!
おめでとうございます!!
B674DFFF-C3C5-4499-B950-79A902442EE7

 

合計14本各地でダイビングをしながら、帰りはコボンから一気にカオラックの港に戻ります。
全員で集合写真を撮りました〜。
 
BA308DA1-6D76-4BF0-B4A7-CFC752B7475D
 
 
今回は高波のためリチェリューロックに行けなかったのはとても残念でしたが、ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

 

報告/GOHKI, TAKESHI

写真/乗船したお客様より頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

カオラック、ブルードルフィン号クルーズは絶好調!

 

2022年11月より始まったカオラックのシーズンもいよいよ中盤に入りました。

今季より新たに始まったブルードルフィン号クルーズも好評を博しております。

その様子は、写真も盛りだくさんのビッグブルーの海ブログよりご覧ください。

http://bigbluediving.jp/big-blue-blog

まだまだ続くカオラックのシーズンは、いよいよマンタのシーズンに入っていきます。

カオラックのシーズンは2023年4月までで、そしてゴールデンウィークからはタオ島のシーズンが始まります。

タイの海で皆様のお越しをお待ちしております。

ビッグブルースタッフ一同

18DB850B-D04A-4B5A-A014-403691A48B45

Big Blue・今日の海ログ 2023/01/20-01/24

『2023.01.20-01.24 BLUE DOLPHIN号第8回クルーズ報告』

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/無し
流れ/干満の時間により強弱あり
透明度/10〜30m

 

第8回のブルードルフィン号のクルーズに行ってきました。

とてもお天気の良いトリップでした。

 

DAY 1

#1 Hideaway Bay

#2 West of Eden

#3 Three Trees

#4 Turtle Rock

 

前日の夜に乗船してタプラム港を出港し、寝ている間にシミラン諸島に到着します。

朝起きたらシミラン諸島の真っ只中です。

094E1DD8-50B8-4999-8345-D8B85151F2CF

 

1本目はチェックダイブ向きのハイダウェイ・ベイです。

ウェイトチェックをし、ロープ沿いに潜っていくとツナ・レックが見えてきます。

そんなに大きな船ではないですが、写真に撮るにはちょうど良いサイズ感で、すぐ隣の大ウミウチワと一緒に撮ると絵になります。

6EEDB9A2-0DE3-4465-83A3-475F67E260A5

斜面沿いの地形を登っていく途中にはキンセンフエダイの凄い群れが見られます。

34D39D12-2626-4B31-9797-8CF2F5C2DFD1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デバスズメダイの群がりも綺麗でした〜

E902A9DE-7BB7-4857-9785-E6D7E96488B7

 

気持ちの良い一本目を終え、朝ごはんを食べたら隣の島に移動して2本目です。

ウェストオブエデンではマクロ目線で遊びました。

人気のマッコスカーズフラッシャーラス。

クジャクベラの外人さんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

可愛い表情のイヤースポットブレニーが穴から覗いでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トウモンウミコチョウがいっぱいいましたよ!

CF302877-4B02-4644-953E-90F37094805C

とっても小さなシシマイギンポもばっちりのピントで撮っていただきました〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

3本目は9番の島の東側、シミランきっての癒し系ポイント、スリーツリーズです。

マクロもワイドも同時に楽しめるので、同じチーム内でブラックフィンバラクーダの凄い群れを撮っているゲストの下で・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

砂地でハゼ遊びをしているゲストもいます・・・w

オーロラパートナーゴビーとテッポウエビが穴から出てきていましたよ。

E63E5C29-7BC7-4A0C-B6C0-FA2E80751C02

ぜんぜん引っ込まないヒレナガネジリンボウ。

FDEE623A-3059-47D4-8207-A826C4978312

 

そしてビーチ上陸。

ACE45857-AD46-4568-B11F-81FA9BB101EF

人の少ないビーチで記念撮影です!

445BE991-31D4-4090-96B5-625A73465B28

島を散策していると、オオトカゲが登場!

AEE4A7F2-9F7D-4928-8A7E-0AA52E02DB92

カッコ良く撮って頂けました〜♪

682D21D7-DCC6-4F24-9638-BA326CE5389C

樹上には可愛いリスの仲間も!

1B365E78-E6BA-4217-8679-35F0F72F9158

 

そしてサンセット&ナイトダイブ!

この時間は相変わらずの凄い魚影で、宇宙空間のようなキラキラした世界観を堪能できました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そろそろ眠たいアカモンガラ・・・

5FA2EF25-C4EC-4463-B1FF-81994B18962B

 

そして穏やかな島陰で美味しい晩御飯を食べて、静かにゆっくりと休みました・・・

 

DAY 2

#1 North Point

#2 Koh Bon West Ridge

#3 Koh Tachai Pinnacle

#4 KohTachai Pinnacle

 

2日目もいいお天気です!

朝イチはノースポイントとクリスマスポイントに分かれて潜りました。

ノースポイントのウミウチワの谷の絶景・・・

97B4C327-0E9E-47BB-B2F1-7DF1E79D0759

良い潮が当たり魚もいっぱい集まっていました。

D73F28C7-1C1C-42BF-97C7-B8AAA888A285

 

そしてクリスマスポイントではマンタも登場!

ちょっと小ぶりでしたが、オニイトマキエイです。

403BDF63-5081-4366-8868-3FD6064D7615

近くで見れたゲストも!

5021C440-8E73-4805-8685-F7F92B8450B6

 

今日は大移動の日です。

シミラン諸島を後にして、どんどん北上して行きます。

2本目はコボン、ウウェストリッジ。

リクエストにお応えして、アケボノハゼの外人さんであるエクスクイジタダートフィッシュを見に行きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

真正面も撮れました!

6B1FA910-A7D5-4BB7-887F-CF43097E9023

 

 

 

そしてこのダイビングで100本記念のゲストのお祝いをしました〜!

おめでとうございます!!!

BE617966-A90D-4ADF-AEF3-2C1100837B0E

ボートの上にはサプライズの100本記念のスイカのカービングが・・・!

これには100本ゲストも大喜び!!!

D314E5A3-6E42-4D68-B7D5-0F5F61BD010C

実はこのために綺麗な色のスイカを専門店で仕込んでおいたのです!

180BCC53-8F7E-4000-A687-1C83CD8EED90

このカービングはリピーターのメグさんが作ってくれました。

いつもありがとう!

 

そしてブルードルフィン号はさらに北上してコタチャイへ。

3本目はブン流れのコタチャイピナクルでした・・・汗

でも御影の濃さは相変わらずでしたよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4本目は潮目も変わり、穏やかでのんびりしたタチャイピナクルを楽しめました!

ワイド狙いのポイントですが、可愛いフリソデエビもいましたよ〜

E97D3B04-2C3E-4745-8D0A-65859B92F9EB

 

そしてアンダマン海に沈む夕日を見ながらスリン島へ。

CE77E8AF-6EAF-4B4F-BD2D-7276970824E4

 

2日目のダイビングも終了。

おやすみなさい・・・zzz

 

DAY 3

#1 Aow Suthep

#2-4 Richelieu Rock

 

穏やかなスリン諸島の島陰で朝を迎えます。

97C032CF-C470-44C6-AA95-7C9139F2909B

 

朝一ダイブはタイで最もハードコーラルが美しい(と僕が勝手に思い込んでいる!?)アオスーテップです。

柔らかい朝日の差し込む海のなか、元気な珊瑚に癒される爽やかなダイビングでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いろんな種類の珊瑚がモリモリです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デバスズメダイの群れが綺麗でした・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そして、いよいよ大本命のリチェリューロックです。

ソフトコーラルが美しい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロウニンアジ〜!

804DA1C9-EF94-4F83-B0E0-FCF3585018F0

キツネフエフキとツムブリの混合部隊がハンティングをしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もの凄い迫力です!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワヌケヤッコのペアをめちゃくちゃ綺麗に撮ってもらえました〜♪

18DB850B-D04A-4B5A-A014-403691A48B45

インド洋のタテジマキンチャクダイは背鰭が丸いです。

8997623E-18E0-4B8F-9F6D-AE6B2DF95A91

ギンガメアジも凄かった!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キンセンフエダイとホソフエダイの群れも健在です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

EFD1D750-C24B-4074-80CB-6FCD5DB3CFD0

巨大なクラゲに遭遇!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

覗いでみるとアジやカワハギのちびっ子がたくさん住んでいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いろんな種類のクラゲが見れましたよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とにかく魚影が濃い!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トマトクマノミのイソギンチャクの周りもグッチャリ!

凄い場所に住んでいますね・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

やっぱりリチェリューロックは楽しかった!

タイを代表するスーパーポイントですね。

 

船は南下してコボンの島陰で泊まりました。

 

DAY 4

#1 Koh Bon Pinnacle

#2 Koh Bon South Ridge

 

さあ、あっという間に最終日です。

最後はコボンで2ダイブです。

コボンと言えばマンタです。

出るかな〜!?

綺麗なソフトコーラルの根。

FDA34812-AD5E-4BDA-BA07-F1C2D36F4D5E

人懐っこいイソマグロ。

2F367943-902D-49CF-8899-18388B02E678

 

 

そして、出た〜!

マンタ(オニイトマキエイ)の登場です。

76678ABA-57CD-4914-AEAD-49667E06142B

 

大満足のダイビングを終え、船は港へ戻ります。

下船後はカオラック滞在チームで打ち上げをしました。

人気のタイ料理レストランのTAKIENGで美味しいシーフードを堪能しましたよ。

B03FEAD0-721C-4E45-8007-E264432ECBC4

183138DE-1570-4DC3-A015-30580C2A7A11

大人気!クンチェナンプラー(タイ風のエビのお刺身)

4D5FFC1E-C7F8-4647-B750-38B6DCFA7E9E

 

今回もお天気に恵まれてとても楽しいトリップでした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

D3E19AA0-5E8C-492F-9B11-2C289E068B89

 

報告/TAKESHI、GOHKI

写真/乗船したお客様より頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

2D3FFDC3-F710-4DA5-97FE-DA0A5738C5F7

Big Blue・今日の海ログ 2023/01/12-01/16

『2023.01.12-01.16 BLUE DOLPHIN号第7回クルーズ報告』

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/弱
流れ/弱
透明度/10〜30m

 

第7回のブルードルフィン号のクルーズに行ってきました。

今回も全室満員御礼の賑やかなトリップでした。

コロナ禍の2シーズンの事も思うと、本当にありがたいことです・・・

 

今回は『アットプーケット』ダイブショップから西森タケシ君もゲストと一緒に参加してくれました。

ということでダブル・タケシとゴウキの3人で日本人チームのガイドを担当です。

 

さらに今回は日本から名古屋のダイブショップ『SUNNYVALE』さんもお越し頂きました。

ありがとうございます!

 

DAY 1

#1 Hideaway Bay

#2 West of Eden

#3 Three Trees

#4 Turtle Rock

 

初日の朝一は定番のハイダウェイでのチェックダイブから。

穏やかな海でウェイトチェックを済ませ、-30mに横たわるツナレックへ行ってきました。

隣のウミウチワが立派です。

269A2F3E-94D0-4DD3-BF27-F399569664F5

斜面を登っていくとキンセンフエダイの凄い群れに巻かれました〜♪

FABFD6FD-E4A1-41D6-B83F-FFC8E4DB86CC

浅場のハードコーラル地帯はスカシテンジクダがキラキラと群れていて美しいです。

4CB7A8AD-F163-4FAB-839F-926835188031

のんびりゆっくりとしたチェックダイブでした。

 

2本目はウェストオブエデンでマクロ遊び。

アンダマンヘビギンポのオスが婚姻色の黒マスク模様を出し、せっせとメスにアピールしていました。

6D298C5D-8666-4413-80AC-37C2117F63AC

産卵のシーンも見れましたよ。

9360DD84-53B0-4E6E-B2DA-A483B0F56A03

人気者、シシマイギンポもご紹介!

62280BEA-30B9-4DF8-A52A-28E19785878B

 

3本目はスリーツリーズで癒し系のダイビング。

シミランらしいソフトコーラルが綺麗でした〜

02860AB9-4A91-43E3-8AA7-4F747FCFD187

ユカタハタの赤い色は存在感がありますね〜

5F6224E7-1F52-4391-BC22-E0C1993BD5C5

F4FB2C67-E697-470D-871F-833BE618BDBD

 

水面休息中にはシミランのビーチにも遊びに行ってきました。

人の少ないビーチで記念写真!

69E2F664-2FE6-418D-A8C2-0158F8972D19

ビッグブルーの皆さんがビュウポイントに登った時には貸切状態でした。

僕は下のビーチに残って、皆さんとバランスロックの写真をパシャリ!!

C0B28877-EAAE-49AE-A38C-4378406FF162

皆んなでジャーンプ!!!

87A1F482-06B6-4876-A850-7D7613F0BC57

 

楽しいビーチビジットの後は、サンセットナイトダイブです。

暗がりで潜るのは神秘的であり、日中よりも魚影が濃くなり楽しいのです。

ナポレオン!

7F16EB13-A642-4A80-A8B2-8183A01F0597

クマザサハナムロも夜の模様(赤い色)に変わり始めていますね。

逆に、夜行性のスカシテンジクダイは元気に中層に広がっていきます。

光を照らすと満点の星空のようで美しいですね〜

2197A6B6-8E22-482F-BFDF-E6F1B97387B3

お眠のアカモンガラが寝床の穴に入る瞬間です・・・

0307BC6F-221D-4CD2-8B64-FCA104E67D2A

美しい夕焼けを見ながらエキジットし、ビールのお時間です・・・笑

1B702ED5-E56C-42BA-A146-632B1EC64C8A

そして穏やかな島陰でのんびりと夜は更けていくのでした・・・

 

DAY 2

#1 Turtle Rock

#2 Koh Bon West Ridge

#3 Koh Tachai Pinnacle

#4 KohTachai Pinnacle

 

おはようございます!

今日も綺麗な朝焼けです!!

BF73048A-120F-4A5E-AD7D-7885E5B29534

 

1本目はノースポイントの離れ根のウミウチワの谷へ行ってきました。

相変わらずの迫力でした〜

2DF07E85-F831-4E39-ABC5-ECD2AE6D8C2A

 

2本目はコボン。

ここから海が青くなり始めましたよ〜♪

66A6F805-3DFD-4998-94CD-809E30665E66

最近発見したアケボノハゼの外人種、エクスクイジタダートフィッシュもペアでいました!

8D4DB34F-B067-4DBB-B2B6-C4AEC5BA1310

コボンらしいパステルカラーの色とりどりのソフトコーラルが美しい・・・

226F5487-A88C-433B-9E6E-65BBE2FEB312

 

3〜4本目はコタチャイピナくるで。

こちらも青い水で気持ちよく潜れました。

19E887EB-FB19-42BE-A14A-BC42EBB836CB

ロウニンアジの存在感!

469F153E-8D65-42D3-B12D-92894ED822BF

流れが強くなってきて、嫌がるツバメウオ達が岩に密着して群れていました。

A12B7936-2486-4970-91D2-CA5A799C81C9

 

船のご飯をちょっとご紹介。

いつも美味しいのですが、この牛肉ステーキが好評でした。

2C25F3AF-CFB5-4867-A2D6-B27A62968E86

 

この日はさらに北上して、スリン諸島まで行きます。

大きな島の島陰の穏やかな場所で停泊します。

携帯の電波も入るので、とても便利です。

 

DAY 3

#1 Koh Tachai Pinnacle

#2-4 Richelieu Rock

 

いよいよ3日目、このトリップも佳境に入ります!

美しい朝焼け、今日もいいお天気になるでしょう・・・

424869A3-4F00-4623-A65E-0AAADD5B54B2

 

朝一はスリン諸島のポイントで、のんびりまったりと潜りました。

珊瑚が元気!

60386206-82A9-4C44-A2B4-5735DA4FB3B8

スズメダイ天国でもあります!!

0062DC0B-7C14-41A0-9868-CFBFDBCB04BA

 

目覚めの癒しのダイビングを終え、いよいよ大本命のリチェリューロックです。

コンディションは上々。

太陽の光が入り、てっぺんの海藻地帯も美しいです。

746181E0-37A4-4BF2-9C1F-AEB5E9318A10

このポイントは様々な色で溢れています。

キンセンフエダイの黄色・・・

63ADB0B1-1141-4E13-BF39-C23143F9E63A

ソフトコーラルの赤・・・

2D3FFDC3-F710-4DA5-97FE-DA0A5738C5F7

トマトアネモネフィッシュも元気でしたよ〜

F87FA576-2E30-4CD0-85A6-DD9AF0C730A5

 

そしてリチェリューロックといえば魚群です!

ギンガメアジの凄い塊・・・

58365297-829D-4BB3-9359-CB1ABEE5B0CA

ヒレナガカンパチの群れも凄かった・・・

289C33F8-96D1-4232-97B3-FFF9F5818839

もちろんキツネフエフキの捕食シーンも・・・

D1D7129C-2D76-4E70-8494-8DBE19F040BB

バラクーダは数が少なかったけど、見たがっていたゲストが見れて良かった!

9938DA3D-71AC-425A-8E63-3FE19DA08CD3

 

今回はマクロネタではフリソデエビのペアも登場!

49DCADC3-0007-41F3-BB68-48AE53AC4E0D

 

やっぱり楽しいリチェリューロックを終え、アンダマン海の夕焼けを見ながら船は南下して行きます。

この夜はコボンに停泊。

今年からコボンでも携帯の電波がよく入り便利です。

 

DAY 4

#1 Koh Bon Pinnacle

#2 Koh Bon South Ridge

 

最終日はコボンで2ダイブ!

海が青い!!

コボンピナクルで潜りました。

4BE1C220-45DC-4EC8-8B59-D94C48C7439F

黄色いソフトコーラルやウミウチワが見事です!

4130EE3B-8708-4164-9B2D-1E83615CD832

マクロでは綺麗な場所にクダゴンベがいましたよ。

6C35811A-32CE-4F95-A85A-889916C218FC

 

最終ダイブはサウスリッジから湾内へ流し、のんびりとお魚ウォッチングを楽しみました〜♪

真上から見るとニコニコしている笑顔に見える、ルボックスブレニーが海藻の上に乗っていました。

8D66D107-48B7-4B26-8D5C-35460AF76806

 

大勢の参加者に恵まれ、国籍も様々で陽気で楽しいメンバーと楽しめました。

今回のトリップにご参加頂いた皆さま、ありがとうございました〜!!

F479EA79-EC29-4737-A583-2BB48AE07256

 

報告/TAKESHI x2、GOHKI

写真/乗船したお客様より頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

BE8664BE-9500-4C91-8485-26041B420F49

Big Blue・今日の海ログ 2023/01/05-2023/01/09

『2023.01.05-2023.01.09 BLUE DOLPHIN号第6回クルーズ報告』

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/28-29℃
風/北東の風、時に強く、後半は穏やかに
流れ/1本だけ強く、他は穏やか
透明度/15-30m

 

早いもので、年も明けて2023年となり、今シーズンから始まったブルードルフィン号のトリップも第6回となりました。

おかげさまで順調に安全に楽しいトリップを開催することが出来ております。

今回はいろいろな国籍のゲストが混在しつつも、みんなで仲良く和気藹々とした雰囲気のなかで4泊5日のクルーズを楽しむ事ができました!

 

DAY 1

#1 Hideaway Bay

#2 West of Eden

#3 Three Trees

#4 Turtle Rock

 

前日の夜にカオラック近くの港を出港し、翌朝にはシミラン諸島のど真ん中!

美しい朝日が登る光景を見ながら一日の始まりです。

3EC25D41-15CA-4C04-BCC9-41D1F2A70C39

 

前回に引き続き、ビッグブルーの往年のスタッフで、現在は三陸で頑張っているくまちゃんが遊びに来てくれています。くまちゃんのホームページはこちら(クリックでリンクに飛べます)

この度、くまちゃんは『Sea Hero』というとっても栄誉ある賞を受賞しましたよ。これは世界中から毎年12人(月に1人だけ)、環境活動や教育活動等を行なって活躍してきたダイバーに送られる称号です。凄いことですね〜!詳しくはこちらをご覧ください。(クリックでリンクに飛べます)

今回の海ブログ用の写真もいっぱい撮ってもらいました!

 

さて、一本目。

いつものハイダウェイでチェックダイブです。

沈船ツナレックからスタート。

600D3626-CD0A-4F8D-9A31-B9C903894E79

ウミウチワにヤマブキスズメダイが付いていて絵になりますね〜

4E342250-2F34-4916-AFF8-A2E39E8D79D4

このポイントにしては珍しく流れが強かったです・・・

 

そして朝ごはんを食べて、シミラン諸島を徐々に北上しながら潜って行きます。

可愛いマクロ生物に癒され、

↓ ルボックスブレニーは上から見たら笑っている顔に見えますが、この子はちょび髭に見えますね・・・笑

99CD5BD8-7E2E-49A4-9E3E-5E54322C0D22

↓ シシマイギンポはこうやって撮るとシンプソンのキャラみたい・・・爆

785241C8-5C88-41B4-930D-C0784F95E163

青い海にハタタテダイの群れが映えます!

CBF2EE24-4370-4A25-B330-1879C820075A

↓ スリーツリー名物となりつつある!?お化けミズガメカイメン、で、でかい・・・

02E37420-C48F-4B1E-B860-AACDC0370803

↓ 元気なサンゴがそこらじゅうに有ります。

108B07D9-A807-4B4E-8457-9E8FF5CE72D2

 

シミラン8番の島のビーチ上陸、ビュウポイントも楽しみましたよ〜♪

4B6A18B0-DB9D-45FA-A247-A9ACC7866B28

バランシングロックとかセイルロックと呼ばれる巨大岩の前で記念写真!

C52B0A05-65F9-4A66-B7F8-3A55317891C3

お約束!?

ゴウキが落ちる〜!

3B2BFDD1-85E6-4971-9388-E1AB1204B93C

この写真では結構な迫力に見えますが、真横から見るとぜんぜん緩い傾斜の安全なところで撮影していますので安心して下さい!

 

サンセットナイトではお魚たちの帰宅ラッシュと遭遇。

お眠のアカモンガラが寝床に集まってくるのと引き換えに、夜行性のスカシテンジクダイ達は中層に出勤していきます。

070EB8DC-2B34-40F6-BD70-A0FE4FCF9239

サンセットダイブならではの美しい光景に目を奪われました・・・

ダイビングの後はビールで乾杯!

美味しい夕食を食べながらログ付けやおしゃべりを楽しんで、そして夜は更けていき、穏やかな島陰でぐっすり休みました。

 

DAY 2

#1 Turtle Rock

#2 Koh Bon West Ridge

#3 Koh Bon South Ridge

#4 Koh Bon West Ridge

 

朝起きると、予報通りというか、思っていた以上に波風が強く、予定していたポイントでのダイビングを中止してポイント変更をしました。

安全第一ですからね〜

島陰の穏やかなポイントでのんびり生物ウォッチングを楽しみました。

クジャクベラの外人さんのディスプレイを見たり、各種チョウチョウウオやスズメダイ、ハナダイなどのインド洋やアンダマン海の種類をたくさん見ました。

イロブダイの幼魚が可愛かったですね〜♪

37C2A0FD-FDD9-4DD5-A1BD-EF05E62001EA

 

そして、いよいよ北上を開始します!

北東からの波風が強くアゲインストでの移動で結構揺れましたが、無事にコボンに到着。

コボンに着いちゃえばこっちのもの。

ちょうど島陰になる湾内で穏やかに停泊してダイビングの準備、エントリー、エキジットをして安全に潜ることができました。

本当はコボンで一本潜ってからコタチャイへ北上する予定でしたが、波が高いので今日はこのままコボンで潜ることにしました。

ウェストリッジの滝壺もなかなかの迫力でしたよ。

 

366ADB6C-8B99-41BD-BAD7-CEB378BD3DDA

ここでくまちゃんがアケボノハゼの外人さん種であるエクスクイジタダートフィッシュを見つけてくれました〜!

しかもペアで。

B8BA004F-BAE8-495B-A11E-E01166E01331

日本で見るアケボノハゼと酷似していますが、第一背鰭が少し短いとか、黄色部分の濃くて範囲が広いとか、頭部が少し小さいとか、違いがいろいろあるそうです。

美しいですね・・・

4A2A6187-D68C-457D-AEFE-18A58A0001BC

今シーズンはハズレ年のようで、個体数が少なく、深いところに行かないと見れなかったのですが、くまちゃんがいい水深で見つけてくれました〜!

そして平和に1日を終えて、穏やかな島陰で休みました。

明日は波が弱まる予報です。

 

DAY 3

#1 Koh Tachai Pinnacle

#2-4 Richelieu Rock

 

朝起きたら、予報通りずいぶんと穏やかな水面になっていました。

早朝に移動して、1本目はコタチャイ・ピナクルです。

めちゃくちゃ透明度が良いです!

30mは見えていました!!

C9032DA3-9040-447B-8200-4098EFF721C9

ツバメウオの群れ、ロウニンアジやカスミアジのハンティング、美しいソフトコーラルを楽しみました。

 

そしていよいよリチェリューロックへ向かいます。

波もすっかり落ち着き、問題なく到着出来ました。

昨日だったら無理だったので、良かったです。

 

皆んなが大好きなリチェリューロック、今日は水が青くて特に美しかったです!

ギンガメアジの群れ〜

67B2A6D9-D31B-4836-8115-87E91BC403C5

キツネフエフキの群れにアオヤガラが混ざった混合部隊が捕食に明け暮れていましたよ!

CDE23FD4-7101-4A20-BA5F-874F763D8FDF

0A158336-884C-4696-8559-C7D80071DC24

アドバンス講習チームもリチェリュー楽しいー!!!って感じでした。

2BD91993-EA63-4CDC-ADDA-10D0DECF508F

相変わらずのソフトコーラルの大群生に癒され、ロウニンアジの軍団の迫力に舌を巻き、リチェリューで3ダイブ堪能しました。

てっぺんの草原地帯が美しい!

BE8664BE-9500-4C91-8485-26041B420F49

タイガーテールシーホース

CEAA8BED-FCB9-4534-B8DA-239F34F2B2C2

鉄板ネタのスカテン&ユカタハタ

6B824853-EECB-4E6D-B652-0BE6581A067A

最後はツムブリの大群にも遭遇!

5E4315B9-4DF8-4E4E-BCA6-C840CDF9A0C0

何度潜っても楽しいポイントです。

そしてスリン諸島の夕景を見ながら、船は南下して行きます。

7ED8DCFF-D1E4-4767-ADEA-6F6125D31D89

すっかり穏やかで気持ちの良いサンセットクルーズでした。

 

DAY 4

#1 Koh Bon West Pinnacle

#2 Koh Bon North Reef

 

最終日はコボンで2本!

1本目はコボン・ピナクルで潜りました。

ここは黄色いソフトコーラルが美しいですよ〜

9104B049-333F-43F7-8D11-AB8B7F6B46D4

2本目のコボンのリーフでも、元気な珊瑚とスズメダイなどの小魚の大群に巻かれて気持ちよく潜れました。

 

ご参加頂きました皆さまでグループフォトをパシャリ!

多国籍で皆んな仲良くなって楽しかったですね〜☆

204CD576-4399-4A43-9556-DBDEE0291C7D

 

 

報告/TAKESHI、GOHKI

 

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

CCD82FFF-695E-442D-9347-B7DF24112FA8

Big Blue・今日の海ログ 2022/12/29-2023/01/02

『2022.12.29-2023.01.02 BLUE DOLPHIN号第5回年越しクルーズ報告』

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/26-29℃
風/北東の風
流れ/ところによりあり
透明度/8-20m

DAY 1

#1 Hideaway Bay

#2 Shark fin reef

#3 Three Trees

#4 Turtle Rock

 

2022年も終わりかけ! 今年も年越しクルーズの始まりです!!

夜に出港して、朝起きたらもう青い海のど真ん中・・・

64E84C01-FC4B-4225-AB86-2BDE75C920D2

今回は、ビッグブルーの往年のスタッフで、現在は三陸で頑張っているくまちゃんが遊びに来てくれてました。くまちゃんのホームページはこちら(クリックでリンクに飛べます)

新しいスタッフのゴウキと語り合うくまちゃん。

2C41A49E-9A49-4F73-94AC-817380AD3EB7

今回の海ブログ用の写真をいっぱい撮ってもらいました!

 

気持ちのいい天気のシミラン諸島でチェックダイブ。

先ずはハイダウェイのツナレックからスタートです。

すぐ横のウミウチワが立派ですね〜

18AE1CD2-AC62-4447-8763-27FB9C61C864

デバスズメダイの群らがりが美しい!

E706414D-A47B-463F-A90A-93592A14B0EC

今回は、久しぶりに南側のポイント、シャークフィンリーフへも足を伸ばしてみました!

460029E2-B50C-4DA0-BC0C-9DC359BD5E6E

大きな岩の地形とウミウチワ・・・

90BFB706-B573-48CA-9E9D-415489A53C9D

クマザサハナムロがすごかった!

0DA1A1A4-5CE4-41E6-9678-F131D77AFFCB

 

スリーツリーズではシミランらしい美しいソフトコーラルに癒されました〜😊

91DD1679-B384-4C17-86DB-D6CB3D3FD366

一度は倒れてしまったイソバナも見事に復活しています!

7DB5D2DF-6C2B-43E3-80A4-BCB96F379054

 

水面休息中にはビーチにも遊びに行きました。

真っ白な砂浜のビーチで遊んだり、ビューポイントに登って楽しみました。

09920B65-F64E-4BC9-99A0-039BD7891F42

 

最終ダイブはサンセット〜ナイトチームとナイトダイブチームに分かれて楽しみました。

6B5F99E2-2E6B-41E8-9A7F-FD855BD85F3D

穏やかな島陰でのんびりと夜を過ごしました。

 

DAY 2

#1 North Point

#2 Koh Bon West Ridge

#3 #4 Koh Tachai Pinnacle

 

朝イチのノースポイントでは、ウミウチワの大群生を見に離れ根へ行ってみたり、

C103154A-7C27-4F82-A89F-614F4CA3A2F7

6BD9F35C-0354-4BEE-B7C5-9B39686D5BC3

スイムスルーをくぐったり、巨石を叩き割ったようなチャネルを通ったり。

8E186193-9B38-45E8-8CDB-763DF958D628

スカシテンジクダイの根で遊んだりしました。

695F5498-C4BF-4E38-A1E2-ECA79F345705

 

シミラン諸島を後にして、船はどんどん北上して行きます。

2本目のコボンは強い流れもなく、ウエストリッジの先端まで遊びに行けました⭐︎

シミランやリチェリューとは違うタイプのソフトコーラルが元気にポリプを開げて咲いていました。

E42F8726-D298-45C7-AA11-CB49D5F64845

垂れ下がるソフトコーラル・・・

FF349844-1B8B-42A0-BC1C-0D1D78A24624

浅場のキャベツコーラル畑ではコラーレバタフライフィッシュが群れていました!

0CCC950E-F10B-4046-AD5F-F6E514E3774B

 

穏やかなコボンから、さらに北上して行ったのですが、タチャイピナクルでは流れが強かった。

降潜時のあわあわがすごかったです。

大密集しているゴシキエビマンションも紹介させて頂きました。

流れが強い中、安全第一のダイビングで写真は無しで・・・

 

そして今日は大移動してスリン島まで!

アンダマン海に沈む夕日を見ながらのサンセットクルーズです。

2022年最後の夕日は綺麗に海に落ちていきました・・・

E3B22CE9-06C3-43DC-8034-852C511F5633

年越し蕎麦を食べ、日本時間の0時に合わせてタイ時間の22時にカウントダウン👏

F5A62B2A-BC26-4D0A-BE9B-E3CF57CA2FAC

年越しの時間を楽しみつつ、新年の幕開けを祝いつつも、明日のダイビングに響かないように早めに就寝しました。

 

DAY 3

#1-4 Richelieu Rock

 

新年あけましておめでとうございます🎍

今年もよろしくお願いします!

2023年のお日様は綺麗に登ってくれました〜♪

E1E42018-50F1-4489-9E7E-E029ADB4A9F6

という事で今日は4ダイブともリチェリュー!!

ギンガメアジやロウニンアジがすごかったーーー!!

7A05A6CD-2B71-4F4B-8904-E035D6F70273

定番のキンセンフエダイも健在です。

F5A1F448-7222-411A-9C7F-4C608EF11996

リチェリューと言えばソフトコーラル!

1EA5E670-F8DE-498A-9300-D70205FED9BA

F1A994F9-9465-40C3-A3F6-0E9900DCFD75

そこに突っ込んでくる連合軍!

小魚を食い散らかして行きます・・・

E5E0AF2C-AC58-4146-99FD-3CA983B8C41A

2023年の潜り初めも無事に終了!

今年もいいダイビングが出来ます様に〜

 

DAY 4

#1 Koh Bon West Ridge

#2 Koh Bon North Reef

 

最終日はコボンで2本!

昨日のリチェリューの透明度がイマイチだったこともあり、青い海に安心します😮‍💨

流れも穏やかで元気なリーフやリーフフィッシュを観察しました!

65EB2306-96C2-4C24-832F-EBD91A34AEEE

透明度が良い青い海で、黄色いソフトコーラルの根の周りでのんびりあそびましたよ。

44756DFD-D1FD-43CA-9704-61B925AC3599

インディアンライオンフィッシュ。

796C096D-E78A-4014-82C5-B32F2C34AF4A

元気な珊瑚とたくさんのスズメダイ・・・

C4FCBDC8-A48E-4176-B2BB-85B4D5354174

タイの青の洞窟、と勝手に呼んでいるところ!

B97B30F8-EA18-4D7A-8F60-B3DC0ED05266

最後までいいお天気でした〜♪

8AD48EFD-1775-4F63-ABA5-D04633746352

コボンの岩の壁を背景に半水面写真が撮れるほど穏やかでした。

2CCC13A1-CED6-43B7-804B-54C069AEE65A

 

ご参加頂きました皆さま、フィンランドチーム含めどうもありがとうございました☆

CCD82FFF-695E-442D-9347-B7DF24112FA8

下船後の夜にはカオラックの街で楽しい打ち上げもしました。

今回はイタリアン!

CD1CE069-1AD1-48EF-8521-CEE4830F848F

 

年末年始のトリップだったこともあり今回は少し日本を彷彿とさせるようなお食事も用意させていただきました😋

2年待ちましたが今年は久しぶりの自社ボートでこうして新たな年を迎えられてとても嬉しかったーーー!

ありがとうございました!

 

報告/TAKESHI、YURIKA 、 GOHKI

 

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

DB31A8E7-4077-4AC8-8675-E588D5C656CC

Big Blue・今日の海ログ 2022/12/22-12/26

『2022.12.22-12.26 BLUE DOLPHIN号第4回クルーズ報告』

ロケーション/カオラック
天候/晴れ、時々雨
水温/29℃
風/北東の風が時に強く
流れ/程よく
透明度/10〜25m

 

新たに就航し始めたブルードルフィン号も第4回目のトリップとなります。

今回はクリスマスを跨ぐトリップなので、ボートの上もXmasデコレーションしました。

早めに全員乗船できたので、いつもよりも早い出航で、夜中にシミラン諸島に到着して朝まで静かにぐっすり寝れました。

そして翌朝起きたらシミラン諸島の青い海の真ん中です!

今日もいいお天気になりそうです。

02E26C68-37F6-447D-B6F0-8B250714491D

ブルードルフィン号の自慢の一つ、6mの継ぎ目の無い窓に写す朝日・・・

A2DCFC85-DB9A-4469-8B01-A2938BD92ED3

 

DAY 1

#1 Hideaway Bay

#2 West of Eden

#3 Three Trees

#4 Turtle Rock

さて、張り切って潜っていきましょう!

1本目はハイダウェイでチェックダイブ。

今回はフォト派のリピーターさんと潜りました。

トリップの後半にワイド向きのポイントが増えてくるため、今日はシミラン周りでマクロレンズ多用で行こうということに。

2AB56941-C5E5-4324-87BC-C684C905F876

コガネキュウセンの外人さん、カナリートップラスの幼魚とか、

A93148EB-7B73-449C-87F7-7C8B71D3995D

クジャクベラの外人さん、マッコスカーズフラッシャーラスとか・・・

ハナダイ愛が強いゲストさんなので、

4108DB62-2F47-46E4-B1FE-ABA365238AD0

エヴァンスアンティアスとか、キンギョハナダイの色違いとか、アカネハナゴイの外人とか・・・

CFF7FABF-BB57-4C5D-8EF7-8477CBBF3D07

真上から見ると、ニッコリ笑っている様に見える、可愛いルボックスブレニーとか、いろいろご紹介させてもらいました。

途中、ワイドレンズに換えて潜りました。

F24F26DD-FDD8-468B-92CC-D7F2544C60E5

シミランらしいワイド写真も撮って頂きましたよ。

5C29A598-C48B-40BC-92C1-8C7C4B200AD4

魚群に巻かれて気持ちよく潜れましたね〜

 

E71E75EE-B3D9-4AA9-A51D-96F7E848244A

サンセットでは、スカシテンジクダイを背景にインディアンフレームバスレットを狙ったり、

190420F5-42ED-433A-9BD1-50A719BAF346

サンセットタイムならではの求愛〜産卵シーンを狙ったりしてみました。

D03E0136-FC7E-4F8A-AC78-19879E63FF9B

初日からガッツリ楽しんで、夜は島陰の穏やかな海域でのんびり過ごしました。

 

DAY 2

#5 North Point

#2 Koh Bon West Ridge

#3 #4 Koh Tachai Pinnacle

2日目、おはようございます!

今日も元気に潜っていきましょう!!

まずはシミラン諸島の最北端、ノースポイントで。

程よい流れのいいコンディションの中、ウミウチワが立派な離れ根へ。

FEF6D592-CE2B-4D06-B3D3-FAA7E21B258E

気持ちの良い朝の1本を終え、船はどんどん北上して行きます。

2本目はコボンです。

他のダイバーの少ない時間帯にウエストリッジでのんびり潜ることが出来ました。

BEED1C02-59E1-426C-8523-20936873A565

3本目のコタチャイ・ピナクルではアジ祭りでした。

ギンガメアジが婚姻色(真っ黒)を出していましたよ。

CF9A66BA-839A-480D-8391-20E5FE003FDE

ロウニンアジもいっぱいいました!

C5BC58F0-B6F9-4E37-8D8D-88395E39E4E5

タチャイと言えばソフトコーラル!

42474260-8E31-4399-BC12-8013E0E30ECE

そして圧巻のブラックフィンバラクーダの群れ〜!

501E2582-C227-4E7A-B200-BCE85B182B3C

楽しい4ダイブを終え、船はさらに北上し、夜はスリン諸島の島陰で穏やかに過ごしました。

 

DAY 3

#1 Suthep Bay

#2 Pak Kaad Bay

#3 Richelieu Rock

3日目、朝起きたら風がビュービュー・・・

スリン諸島の島陰ですら細波が立つほどです。

これはリチェリューロックは無理かも・・・と、嫌な予感がします。

さて、気持ちを切り替えて、スリン諸島で朝一ダイブを楽しみましょう!

見てください!

この美しいハードコーラルの大群生を!!

F76203A9-A8F0-4A43-ADF9-2962F1DD8166

どこまでも延々と続くノーダメージのサンゴ礁に癒されまくりです・・・

D14D057A-7757-4F8B-B520-973058DF3B41

少し水深を下げるとソフトコーラルも見れます。

30D5E005-8A55-49BC-A039-1AFF905D9388

綺麗なサンゴには綺麗なお魚が似合います。

アデヤッコが登場!

3B333579-6B53-4CAD-80E7-D866649CABB0

風が止まないので予定を変更して2本目もスリン諸島で潜りました。

各種ベニハゼや、

25825575-F25B-41E2-B20B-32574C56FB89

各種スズメダイの幼魚をご紹介。

このローランドダムゼルの幼魚の写真、異なるサイズの2匹が向かい合っていて、めちゃくちゃ可愛いですね!

406FBDD3-416B-4B64-B313-1DBF4828E189

この写真を撮られたリピーターゲストさん、ハナダイ愛もすごいけど、スズメダイ愛も凄いのです!笑

こんな素敵な写真が撮れるのは、きっと心が美しいからなのでしょう・・・(ということにしておきましょう、笑)

 

そして、水面休息中にキャプテンとスタッフ達とミーティングです。

波風の予報を見て、実際の海や空を見て、今ならリチェリューロックに行けると判断しました!

夕方にはまた波が高くなると思われるので、午後の早い時間に1本だけでもリチェリューロックで潜ろうということになりました。

与えられた自然のコンディションの中で、その日のベストを尽くすのが我々の使命なのです!(カッコ付け過ぎ!?w)

他のボートがいない、貸切のリチェリューロックへ飛び込みます。

もちろんお魚だらけです!

BA2FF54E-9F9C-4A17-97FC-282DAE0D0B87

程よい流れで、ソフトコーラルも元気にポリプを開いていましたよ♪

B7C83F55-0EEE-4885-8A12-85301F39BB82

ユカタハタは相変わらずいい仕事をします。

AD7C79AB-BA09-4DF9-B1EB-5D27BEF2EF92

グッチャリとお魚にまみれた後は、アンダマン海に沈むサンセットを見ながらクルージングです。

今日は12月25日のクリスマスなので、夕日をバックにサンタさんを撮りました。

D5F7A344-BCE2-47F6-B01C-49C706602821

 

DAY 4

#1, 2 Koh Bon North Reef

#3 Koh Bon South Ridge

そして、いよいよ最終日です。

今日はコボンで2ダイブなので、1本マクロ、1本ワイドの目線で潜りました。

この写真、背景のキクメイシのポリプが雪みたいでXmasっぽくないですか〜!?笑

B68EC2F5-8BC8-447C-B273-26D0512EBA55

スカシテンジクダイのキラキラを背景にヤマブキスズメダイyg・・・

910954A7-7DA9-41E5-ADF5-8EF32E5FDCE4

いつもニコニコしているハナダイギンポ・・・

1F36E9A9-2CEF-4AD9-8D35-42CC0EA3F92E

浅瀬ではアンダマントリプルフィン(ヘビギンポ)が婚姻色の黒マスクを出してメスにアピールしていましたよ。

D5199A6C-95EC-4BB1-914F-D312C5197441

可愛いルリホシスズメダイの幼魚も大量発生中でした!

BDE12880-BCAA-4348-9996-56C1C78826B6

最後は青い海で気持ちよくワイド目線で潜りました。

4392B375-DF4B-4017-BFE4-28623EEA04EE

カスミチョウチョウウオのインド洋型とされる、ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れを撮ってもらいました。

AED29C8D-5A0A-4B52-9525-FEA6FCF93835

浅場のキャベツコーラルに癒され、全ダイブが終了・・・

B027C8E2-939B-4B15-8960-0A029E153F4D

いや〜、今回も楽しいダイビングの日々でした。

最高のメンバーと最高の海で過ごしたXmasトリップでした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

7AF96159-C096-4043-80BC-047FB1E1DA75

 

 

報告/TAKESHI、YURIKA 、 GOHKI

写真/乗船したお客様より頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

321449646_609895784274336_2315781566955930096_n

Big Blue・今日の海ログ 2022/12/15-12/19

『2022.12.15-12.19 BLUE DOLPHIN号第3回クルーズ報告』

ロケーション/カオラック
天候/晴れ〜風雨
水温/29℃
風/北東の風
流れ/程よく
透明度/25m

 

DAY 1

#1 Hideaway Bay

#2 Elephant Head Rock

#3 Three Trees

#4 Snapper Alley

今トリップからヘルプスタッフGohkiが乗船!

321712903_1261175254429754_8030320199618201145_n

青い海に固有種に大興奮!

321394680_471426701816017_2720776003635130141_n321670222_1741363132914400_1409794868846539514_n

エレファントヘッドロックではうろうろするロウニンアジも

321432482_503618865197625_3673507197382215477_n

癒し系スリーツリーズでは美しいオーロラパートナーゴビー

321349389_500969198799732_1540287701045372142_n

ナイトダイブでは綺麗な模様を集めてみました

321557336_508934037730189_2618183571399836546_n

321341829_518821606885062_2504162171169205963_n

321449462_1106304686722768_4640869007187731586_n

DAY 2

#1 Koh Bon West Ridge

#2 Koh Bon North Reef

#3 #4 Koh Tachai Pinnacle

普段とは少し違うスケジュールで今回は2日目1本目からコボン!

321615772_1309824253186046_99588567736822390_n

321607981_1005722897497813_1446790373299787326_n

321562934_1234803837440867_3761972582771039723_n

今年もタチャイにゴッチャリいるコシキエビのドアップ!!

321781513_565906758236735_4125146890459402237_n

DAY 3

#1 Suthep Bay

#2 Pak Kaad Bay

#3 Tachai corner

本当にみんなに一度は見ていただきたい!!元気なサンゴが大密集なアオステープは圧巻です!

321449646_609895784274336_2315781566955930096_n

321552931_876377900222285_3305667076412718032_n

321502855_1237317900180614_2070169335107052874_n

 

リチェリューへ行こうとトライしましたが大波で断念し、2本目もスリン島周りで。

321434046_1128903207824977_542074090760027290_n

321415585_469983255317316_6612362380867378996_n

風雨に見舞われ大波と闘いながらスリンからタチャイへ帰還。

ダイブサイトだけでなくボートの走行も安全第一で明るい時間帯に移動を開始しました。

3本目は穏やかなタチャイコーナーでサンセットダイブでした。

321484530_693512825783720_5112789712590138981_n

321298246_2230383810455760_689136728150348351_n

DAY 4

#1, 2 Koh Bon west ridge

#3 Koh Bon south ridge

波風はまだありますが、ガッチリとボン島に守られて安全第一のダイビング。

流れていましたが、すっきりブルーで気持ちも晴れます☆

321385867_1143614409680955_3210915897885454975_n

321643815_472809141682759_5669825228229237038_n

321256946_691133909239558_1036764716925291677_n

321304022_908672007174592_6311923742664349224_n

321500003_832290834514412_1365619537508487212_n

前日の分3本潜って14本コンプリート!!

お昼ご飯を食べてからのんびり帰港しましたよ。

新たしく出港する船は出港禁止令が出ていましたが、島陰に隠れ、早めに移動を開始して誰1人怪我なくトリップが終わることができました😊

今トリップにご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!!

報告/YURIKA , GOHKI

写真/乗船したお客様より頂きました

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

BEC40E52-78FE-4A0F-A2FA-A223021EF20B

Big Blue・今日の海ログ 2022/12/8-12/12

『2022.12.08-12.12 BLUE DOLPHIN号 第2回!クルーズ報告』

ロケーション/シミラン〜スリン国立公園
天候/曇りのち快晴
水温/29-30℃
風/ほぼ無し、強いウネリ有り
流れ/1本目のみ有り、他ほぼ無し
透明度/18-25m

第2回目のブルードルフィン号のクルーズに行って来ました。
第1回に引き続き、ゲストキャビンが全室埋まる盛況でした。
うち日本人ゲストは8名。ほとんどがリピーターさんです。
皆さんコロナ禍が明けてシミランクルーズの再会されるのを楽しみにしておられたのが良く分かりますね!
 
今回のトリップはプーケットのショップ『at Phuket』の西森タケシ氏も参戦してくれました〜!
 
 
Day1

#1 HIDEAWAY BAY
#2 WEST OF EDEN
#3 THEREE TREES
#4 TOURTLE ROCK

チェックダイブは普段穏やかなポイントなのに、この日は結構流れが強かったです。
でも透明度がとても良く、潜降してすぐにいろんなお魚の群れやめちゃくちゃ大きなナポレオンが見れたりして1本目から楽しめました〜♪

 
914BBF95-9E08-4A63-8667-E038B849A6EC
 
スカシテンジクダイもキラキラでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船に戻ってくると、大きなウミガメが遊びにきてくれていました〜♪
 
8BD2F9BB-F17D-431E-957B-E9F67B9F47F8 
 
2本目はワイドもマクロも楽しいウェストオブエデンです。
リクエストのあったマッコスカーズフラッシャーラスを狙いました。
 
CBA981E9-2DD1-402F-924F-9C31354C16DA
美しいですね・・・

『ウミウチワの街』という別名があるこのポイントは、その名の通り大きくて元気なウミウチワがたくさんあり、ワイド目線で潜っても楽しめます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

3本目はフォト派ダイバーに絶大なる人気を誇るスリーツリーズです。
程よい流れでソフトコーラルのポリプが開いていて絶好の撮影日和でした!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

D3E9FC29-3E77-40F0-A8DC-C44AE79998DD

コロナ前に漁船のトローリングで薙ぎ倒されていたのを見つけ皆んなで立ち上げ直した大イソバナも、今ではすっかり元気になっています。

今でも土台に築いた鉄製のフレームが残っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

砂地が広がるこのポイントはマクロ遊びも楽しめます。
 
オーロラパートナーゴビーとコトブキテッポウエビのペア。
 
A11F2552-367E-40DE-8DC7-700312EF3DD7
 
ヒレナガネジリンボウも
 
3C8B3FEF-D655-4361-BE32-CF18865C28FE
 
 
お天気はイマイチだったのですが一部の希望者を募りシミラン諸島#8のビーチに上陸して記念写真を撮って来ました。
 
波のある中での上陸作戦で、皆んなで波をかぶってビショビショになりましたが、だーれもいないビーチを堪能できて楽しい思い出になりました〜
 
CC4EB2B1-E844-4063-AAEA-98D142BD7927
 
 
そして、この日の最後は湾内の穏やかなポイントでのんびりサンセット&ナイトダイブでした。
スカシテンジクダイが満点の星空のように広がり美しかったです。
 
たくさんの魚達が寝床を探して集まってくる中ワイド目線で楽しむ人もいたり・・・
 
CA693D7E-9E1F-4F7E-8D76-84B49A27AA4D 
マクロ目線でサンセットならではの整体ネタを楽しんだり・・・
 
ブラウンピグミーエンゼルフィッシュの求愛〜産卵シーンを撮影したり
 
5655097B-FC69-4705-8C7E-E1EF48AD2B64
 
ヒメゴンベの求愛〜産卵シーンも観れましたよ〜
 
73B38C87-C86B-4DE3-B8B2-33233A547851
 
Day2

#5 NORTH POINT
#6 KOH BON WEST RIDGE
#7,8 KOH TACHAI PINNACLE x 2

二日目は朝から空模様がどんより・・・
大きなウネリも入っていました。

朝イチのダイビングは、リピーターさん達のリクエストでノースポイントの離れ根に行ってきました。
ここの名物、ウミウチワの谷の絶景には、皆さん大喜びでしたよ〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

相変わらずの物凄い絶景で、初めてのゲストも大喜びでした!

そしてここでゲストのSさんの1300本記念ダイブでした。
すごい本数ですね・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おめでとうございます!

そしてシミラン諸島を後にして、どんどん北上して行きます。

まずはコボンです。
 
強いウネリが入っていましたが、水深を落とせばご覧のとおり青く透き通った海で楽しめました。
 
CB386009-62B9-43A1-AE4C-9E8AE95267C5
 
B5EEAFC3-FC2D-49D0-8910-2A70B899CEF4
 
 
この日の3本目のコタチャイピナクルではギンガメアジの群れに遭遇しました。
 
ここのは個体が大きい!
 
25D28217-7126-4114-BA13-E09E73CEF169
 
良い流れが入るポイントなので、ソフトコーラルが元気に育っています。
 
有名な3Dウミウチワ
 
EBD33F73-D967-45F0-B51A-B522BBDF32F8 
そこにスカシテンジクダイが絡んでキラキラと美しいですね〜
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
15F89C80-4182-4B78-93E9-C48B72A587D8
 
2FAC583E-1FF5-4833-8244-A48BCF0FB6B9
 
4本目になると薄暗くなり始め、アカモンガラたちが寝床を探しに集まってきます。

13396542-57A0-48DA-8D56-2BB1059A86FA

 
Day3

#9 SURIN ISLANDS
#10,11,12 RICHELIEU ROCK x 3

いよいよトリップも佳境に入ってきた第3日目。
まずは朝イチのスリン諸島でのダイビングからです。
 
深場のソフトコーラルと浅場のハードコーラルがどちらも見事です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソフトコーラルの付いた岩の隙間を除いてみると・・・

可愛いベニハゼがたくさんいて、カラフルな背景でマクロ撮影を楽しめます!

60AF4598-7F76-474B-8D32-3A79FF5FA214
 
2C04D56B-A8D7-4159-883F-75100E31DCE3 
サンゴの隙間を覗いてみると、いたるところに可愛いスズメダイの幼魚がいます。
 
中でも人気なのはローランドダムゼルの幼魚で、ここの海の個体は黄色が濃くて綺麗です!
 
1D814F7E-41CB-4458-A449-AA9FD34EF128
 
F4BFF4B9-DF75-456D-A9CF-8597865E2FD9 
浅場の棚の上に行くと、元気なハードコーラルがビッシリ!
 
14F3DB57-1A30-4242-955A-E97D6CC99A20
 
ここはスズメダイ天国です。
 
29A6CE9F-381F-45AB-835D-D0FF089C49D8 
 
そしてこの日の2本目以降は今回のトリップの最大の見どころであるリチェリューロックです!
 
潜降してすぐ、ギンガメアジの大群が迎えてくれました〜
 
これにはゲストもテンション爆上がり♪ 
 
657CCF63-5F70-44EB-B6E4-FF2CAB76BFD9
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
EC29B709-20EB-47DA-939C-087DB9EC48D1
 
今年も健在!キツネフエフキとカスミアジ、ツムブリの混合部隊のハンティング。
 
7AE084E9-A189-4C43-A059-7F8858E316A8
 
 
685B7CC1-9A4E-426D-ADBA-B1C7F5697BBE
 
FACDE461-812E-450C-93FC-C3DCF3FFFEF1 
そしてりチェリューロックといえば、根を覆い尽くすソフトコーラルの大群生です!
 
AFA954D0-0F39-44AA-BE19-49275F121A80
 
38BF766F-5561-4FDB-8190-868FCB41C08E
 
F5F659F9-B5B6-40E2-A966-6C3AF7B6CF7E
 
どこを切り取ってもカラフルで絵になりますね!
 
タイガーテールシーホーズも登場しましたよ〜
 
2961C964-9C18-4F87-90DD-CE6088AFA127
 
透明度が良いと群れが綺麗に映えます!! 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
安定のキンセンフエダイの群れ
 
0A4F1150-77DD-4604-9D43-022C11E1ED3F
 
トマトクマノミのお家はますます美しくなっていますよ〜
 
715EAE52-9FAC-4F9C-8C77-1F196AD4C3DB 
124983BA-9C8B-4F25-A8AD-AAB73DF28C63
 
安全停止は根の上の海藻地帯で楽しみながら・・・
 
B5A4E160-F462-4F18-A954-4260BA3AFB66
 
4本目はサンセットの時間に潜ります。
 
日中よりもさらに魚影が濃くなり、目の前が魚群で覆い尽くされます・・・
 
BE5E6DDD-75F4-4201-9B04-3B1AD37BCB32
 
D6BED172-29BC-47AD-9AD8-6BCBB1470B55 
DFD7A15F-7323-4693-83F5-096A02A4CCF7
 
7FA9A924-28E2-4351-88A0-575A303E9F1F
 
Day4

#13 KOH BON WEST RIDGE
#14 KOH BON SOUTH RIDGE

 
最終日はコボンに戻り、朝からのんびり2ダイブ。
 
一昨日に潜った時はウネリが大き過ぎて近づけなかった浅場にも、今日はバッチリ近づけました。
 
程よく残ったウネリのおかげで、名物のウェストリッジの滝壺が大迫力でしたよ〜
 
035968BC-EEC9-42C2-AD55-5AE22DE889A9 
コボンにはシミランやリチェリューとはまた違った色とりどりのパステルカラーのソフトコーラルが壁面にびっしり!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロウニンアジの巣穴を調査したら10匹くらいの大きなロウニンが飛び出してきましたよ!

38D0B836-8060-430F-A9D2-B25BDFD41D43

青い海には黄色い魚の群れが映えますね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤い魚の群れも映える!!

5625580A-B0D7-4BF4-9160-394D0692A545
 
そしてこのダイビングはゲストの200本記念ダイブでした〜!

008AC534-678B-41EE-AF04-5F320997CC15

おめでとうございました〜!!

 

最後に今回のトリップで参加メンバーで記念写真を撮りました。

BEC40E52-78FE-4A0F-A2FA-A223021EF20B

今トリップにご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!!

 

報告/TAKESHI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Big Blue・今日の海ログ 2022/12/08

『2022.12.08 サクッと日帰りタチャイ』

ロケーション/カオラック
天候/晴れ
水温/29℃
風/無し
流れ/程よく
透明度/25m

今日はブルードルフィン号の出港日です。

クルーズにご参加されるゲストが、前日にカオラックに到着しておき、クルーズ乗船前に日帰りダイブを楽しまれました。

スピードボートでひとっ飛び、あっという間にタチャイ島に到着します。

エントリーすると、海は青く透き通っています・・・

流れが強く入ることもあるタチャイ・ピナクルはソフトコーラルがよく育っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこにスカシテンジクダイが絡んでキラキラと美しい竜宮城のような風景を作ってくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

体長が2m近くあろうかという大きなドクウツボのペアに遭遇・・・

ど迫力ですね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩の隙間にはゴシキエビが大量に群がっています・・・

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

禁猟区の海ならではの光景ですね!笑

日中のダイビングを楽しんだら、夕方にはブルードルフィン号に乗船です。

快適なお部屋で眠ったら、翌朝に目を覚ますと、そこはもうシミラン諸島のど真ん中です!

クルーズの報告をお楽しみに!

報告/TAKESHI

タイ・タオ島&カオラックでダイビングするならビッグブルーへ!