11月から日本が隔離なし対象国となります

11月から日本が隔離なし対象国となります

2021年10月21日にタイ政府より新たな発表がありました。

2021年11月1日から、下記の条件を満たす旅行者を隔離なしで受け入れるという事です。

・日本を含む低リスクの46ヶ国から航空便で到着する
・認定されたワクチン接種済み
・到着の72時間以内のPCR陰性証明
・5万ドル分の健康保険に加入
・SHA認定ホテルの予約
・専用アプリのインストール
・到着後にRT-PCR検査を受け陰性である
 
SHA(アメージングタイランド健康安全基準)とは、厳しい認証制度をクリアした業者に発行される認定で、旅の感染防止体制の強化や旅の安心感を提供するために設けられています。
もちろん、ビッグブルーダイビングはSHA認定のダイビングショップです。
 
SHA認定ホテルはバンコク、プーケット、サムイ島はもちろん、カオラックやタオ島にもあります。
空港でPCR検査をして、そのままホテルに行きチェックインして結果連絡を待ちます。
通常12〜24時間程度で結果を受け、陰性であれば自由に行動する事が出来ます。
 
※この記事は2021年10月22日の発表を元に書かれています。今後の感染状況に合わせて、タイ政府の方針でこれらの条件は変更する事があります。当日の情報をご自身でお調べされる事をお勧めします。

タイ国内からタオ島への移動について

タイ国内にお住まいの方へ

タオ島への移動について

2021年10月1日よりタイ全土で規制が緩和されたのに伴い、10月2日よりタオ島への入島規制の変更がありました。

現時点で29のダークレッドゾーンに指定される県からタオ島への入島に必要な条件は下記の通りです。
(5歳以下のお子様は適応除外)

  1. 入島時より換算して72時間前までに発行されたCOVID-19RT-PCRまたはAntigenRapidTestの陰性証明書

  2. 下記に記載してある予防接種基準を満たしている事を示す予防接種の証拠書類、またはワクチン接種証明書
    -シノバック、シノファーム: 2回以上の接種後7日間経過している事
    -シノバック+アストラゼネカ: 2回以上の接種後7日経過している事
    -アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ、ジョンソン&ジョンソン: 最低1回の接種後21日経過している事
    ※ COVID-19に罹った場合は、完治後90日以内であるという証明書が必要になります

  3. ダークレッドゾーンの外に旅行する必要性を証明する文書
    ※これに関しては不要という説もありますが、一応載せておきます

上記の書類が揃っていない場合は、タオ島での14日間の検疫期間が必要になります。


現在バンコクからタオ島へのルートは以下の通りです。
※変更する可能性がありますので当日の状況をご自身で確認して下さい

  1. チュンポンよりスピードボート/ナイトフェリーでの入島
    Lomlahk khirin https://www.lomlahk.com/ https://m.facebook.com/lomlahk/
    Porntaweesin https://m.facebook.com/porntaweesinhouse
    Talaysub https://m.facebook.com/Talaysub/
    Chumphon Night Ferry https://m.facebook.com/ChumphonNightFerry

  2. スラタニよりナイトフェリーでの入島
    Chor Maetapee https://m.facebook.com/Chormaetapee/
    Sandee ※リンクなし
    Seacrest ※リンクなし

  3. サムイ島よりスピードボート
    Lomlahk khirin https://www.lomlahk.com/ https://m.facebook.com/lomlahk/


また島から出る際は5歳以下のお子様含め全員72時間前までに発行されたCOVID-19RT-PCRまたはAntigenRapidTestの陰性証明書が必要になります。
(Koh Tao Government Hospital  http://ktho.go.th/ https://m.facebook.com/KohTao.Hospital.09192/ での発行が可能です)


※この記事は2021年10月1日の発表を元に書かれています。今後の感染状況に合わせて、タイ政府の方針でこれらの条件は変更する事があります。当日の情報をご自身でお調べされる事をお勧めします。

タイ国内からカオラックへの移動について

タイ国内にお住まいの方へ

カオラックへの移動について

2021年10月1日より規制が緩和され、プーケット空港ご利用にてプーケット滞在、そしてカオラックへも空港ご到着後直接お越し頂けるようになりました!!

現時点でのプーケットに入県する際の必要条件は下記となります。
(5歳以下のお子様は適応除外)

1. ワクチン接種が完了しており、そのワクチン接種証明書
(シノバック、シノファーム、シノバック+アストラゼネカは2回、その他ワクチンは1回)
*接種完了より14日間経過していること

2. プーケットご到着日より換算して7日以内に行ったPCR検査もしくはATK検査の陰性証明書

3. プーケットご到着より90日以内にコロナに感染し完治した方は条件が変わってきますので、事前にご連絡くださいませ。

4. ”MOR CHANA Application”の事前ダウンロード
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.thaialert.app&hl=en&gl=US

5. gophuget.comへの事前登録
https://www.gophuget.com/inout
*タイ語のみですが翻訳アプリなどを使ってご登録ください。内容は複雑ではありません

上記の書類プラス、プーケットからパンガー県への橋のチェックポイントではパンガー県(カオラック)にあるSHAホテルもしくはSHA Plusの予約完了書も必須となります。念のためプリントアウトしたものをご持参頂く事をお勧めいたします。

※この記事は2021年10月1日の発表を元に書かれています。今後の感染状況に合わせて、タイ政府の方針でこれらの条件は変更する事があります。当日の情報をご自身でお調べされる事をお勧めします。

ビッグブルーのロゴ入りビーチサンダル

 

 いつもお世話になっている旅行会社のワールドツアープランナーズさんとのコラボで、オリジナルのビーチサンダルを作ってもらいました。
 
 ダイバーに絶大な人気を誇る”ギョサン”の手染めツートンカラーに、ロゴや文字を入れてめっちゃ良い感じに仕上がっています。
 
 今回のデザインはモルディブのカリスマガイドであり、フィンに手書きアートを描くので有名な的場さんが担当してくれました。愛着のあるビッグブルーのロゴと、的場さんデザインの可愛いジンベエのロゴが鼻緒に入っていて、文字は”BIG BLUE DIVING”と今回のコンセプトである”Save it for Future”が左右に入っています。
 
どんな色にするか?
 
 一緒に話し合って決めたのですが、ビッグブルーのコーポレートアイデンティティとして使ってきた青と黄色、そしてChaba(タイ語でハイビスカスの意味)のイメージカラーという事で赤を選びました。それぞれの色が透明へとグラデーションするラメ入り手染めの具合がとても爽やかですよ。
 
 最初にご用意した3色の中で特に人気の集中した”そらいろ”が直ぐに売り切れてしまったので、新色として同系統の青色ですがより濃い海の色、ビッグブルーのイメージに近い”ブルー”を新たにご用意しました!とても美しい海のような色です。今回も数が限られていて早いもの勝ちですので、欲しいなと思った方はお早めに下記のリンクから購入ページへ飛んで下さい。
 
ブルー(新色)
166113979_1223460208071980_1429989560188874956_n
 
そらいろ
913a686b07b1f8108b38f5d8b56c1ec6-1024x683
 
イエロー
9f93ff7a8f82b7a17ab514fbfac50003-1024x683
 
ももいろ(チャバの色)
7a86fcb7d331685f2c94926651d990df-1024x683
 
 数量限定で作ったので人気の色のサイズによっては直ぐに売り切れてしまいました。特注で制作依頼するオリジナル商品のため、再発注には最低限のまとまった数量が求められます。もしたくさんのリクエストが集まれば、人気のある色とサイズは追加オーダーする可能性もありますので、万一欲しいものが売り切れていた場合は『再入荷お知らせ』を選択して下さい。
 
 今回はワールドツアープランナーズさんの海外現地ショップへの応援企画となっていて、売り上げの一部をビッグブルーへの支援として使って頂けます。ワールドツアープランナーズさん、的場さん、ありがとうございます!
 
 コロナ禍を乗り越えた時、皆さんがこのサンダルを履いてタイへ潜りに来てくれる日を信じて頑張ります。
 
・ワールドツアープランナーズさんのブログ
・新色が出ました!
・ストアーズ

ビッグブルーより大切なお知らせ

本日2020年3月26日、タイ王国政府は新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大を確実に抑制するため、2020年3月26日から同年4月30日までの間、タイ王国全土における非常事態宣言を発出し、これに続き非常事態宣言下における具体的措置について発表しました。

詳しくはタイ王国政府観光庁のページや、在タイ日本大使館のページをご覧下さい。

この期間の外国人のタイ王国への入国が厳しく制限されており、事実上一般の旅行者がダイビング目的で日本から渡航しタイに入国する事が出来ない状況となっています。

この状況下におきまして、3月26日現在、ビッグブルーでは以下の対応を取っております。

⑴ビッグブルーバンコクオフィス
3月26日現在は日本人スタッフは常駐していません。
いずれ状況が改善したら復帰する予定です。

⑵ビッグブルーカオラック店
今回の非常事態宣言が発令される前に国立公園が閉鎖されたため、既に今シーズンのオペレーションを終了しています。
状況が収束していれば、予定通り2020年11月より来シーズンを始めたいと思っております。

⑶ビッグブルータオ島店Chaba
本日非常事態宣言が発令され、現在はお客様を受け入れられない状況です。
タイ政府により期限が区切られている2020年4月30日までタオ島店Chabaの営業の自粛をする所存でございます。
感染拡大が収束し今回の措置が解除または緩和された時にいち早く通常通りのオペレーションを再開できる様準備を続けております。

楽しみにされていたお客様には大変申し訳無いのですが、日本やタイだけでなく世界を巻き込むパンデミックという事で、一刻も早い事態の収束のために政府の要請に従い自粛すべきはし、1日でも早く皆様にタイにお越し頂き一緒に潜れる日が来る事をスタッフ一同心より祈っております。

 

4月4日(土) 第11回ガイド会ライブ中止のお知らせ

 

毎年4月に開催しておりましたガイド会ライブ。
今年も4月4日(土)に開催の予定でBIG BLUEから大村健が登壇予定でしたが、昨今のニュースでも報じられている通り、新型コロナウィルス・コービッド19の感染は留まるところを知らず、まだ拡大し続けていく様相を呈してます。

ウィルス拡散を助長してしまわないために万全を期して今回はガイド会ライブ2020を中止にすることと決定致しました。

 

こちらから詳細をご確認ください。

 

2017 春のイベントのご報告

カオラックよりタケシがお届けします。
毎年恒例の4月あたまのダイビングのイベントに参加すべく東京へ行ってまいりました!

日本で一番大きなダイビングのイベントである『マリンダイビングフェア2017』の開催期間に合わせてたくさんのダイビング関係のイベントが催されました。

4月7日(金)〜9日(土)に池袋サンシャインシティで開催された『マリンダイビングフェア2017』は例年通りの大賑わいで、国内外から本当にたくさんの現地ガイドさんが集まり、世界中の情報を網羅した旅行代理店のブースが並び、フォトコンテストの発表や、多くのプロカメラマンさんのフォトセミナー、新製品を手に取れる器材メーカーのブースなどなど見所盛りだくさんでした。

少し雨も降りましたがちょうど桜が満開になる週末ということで本当にたくさんの来場者で賑わい、マリンダイビングさんの集計の速報では今年は去年を上回る5万人以上の来場者があったようです。

ビッグブルーの立ち位置はいつもお世話になっている旅行代理店のワールドツアープランナーズさんとシェアしているブースでした。タイからスタッフとしてASUKAと一緒に帰国しました。

 
 
若手ダイブマスターたちも駆けつけてくれました。ビッグブルーのブースがイケメン揃いで爽やかだと評判になっていたとかいないとか!?笑
 
 
 
著名な水中写真家の大方洋二先生と一緒に写真を撮らせて頂きました。タオ島のトウアカクマノミのハッチアウトのプログラムは大師匠のご著書で勉強して開拓したものなのですよ。
 
 
 
 
そして今年も『ダイブ&トラベル大賞2017』というマリンダイビング誌の人気投票で表彰して頂きました。

 
 
 
ビッグブルーが『ベストダイビングサービス海外』部門で位!
ハレルヤ号が『ベストダイブクルーズ』部門で位!
TAKESHIが『ベストダイビングガイド海外』部門で位!
 
これもひとえにいつも応援してくださる皆様のおかげです。感謝の気持ちを忘れず、これからも精進してもっともっといいダイブショップであるよう頑張ります!
 
4月8日(土曜日)の夜には今年で7回目となる『ガイド会ライブ』も開催されました。200名を超すダイビングつながりの人たちが集まり、笑いあり、感動ありのとっても熱く楽しいイベントです。
 
 

 
 
ビッグブルーからはタケシが参戦!国内外から集まる猛者たちを相手に頑張ってきましたよ〜

そして、今回のご報告のラストは、4月9日(日曜日)の夜に開催されたビッグブルーの東京オフ会『チャバ会』です。今年も乾杯の音頭はチアキさん!いつも面白いトークで盛り上げてくださりありがとう〜

 
 
参加したスタッフはタケシ、明日香、エリ坊、ヒロアキ、そして今はビッグブルーを卒業して日本でダイブショップを立ちあげている愛媛・リトルブルーダイビングのソウ君、沖縄宜野湾・オアシスダイバーズのナヲちゃん、さらにさらに、若手ダイブマスターたち、ユウタロウ、ジョン、アキ、リキ、タカヒロ、タカヤも参戦!ゲストも含めて総勢100名近い大宴会となりました。
 
去年までのチャバ会のスタイルからガラリと趣向を変えて、今年は居酒屋の座敷で行いました。スライドプログラムを無くし、その分ゆっくりご歓談していただける時間を増やそうという狙いでお座敷スタイルにしたのです。語ったり飲んだりする時間が増え大いに盛り上がったのですが、

店員さんが少なすぎて我らビッグブルーのスタッフがドリンクを運ばないと回らない・・・
100名相手にマイク無しで大声張り上げるのもキツかった・・・

会場選びに対する課題が残る結果となり、ご参加頂いた皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです。反省点を向上点に変えて、来年のチャバ会はもっともっと良いものに出来るよう気合いを入れ直して頑張ります!

今回唯一のプログラム『豪華景品が当たる大じゃんけん大会』は今年もやりましたよ!一等はなんと〜『タオ島1週間潜りたい放題券』と『ハレルヤ号クルーズ無料券』!!

 

 
 
さらに特別ゲスト、タケシのガイド会仲間たちが参戦、それぞれファンダイブ無料券を出して下さいました!チャバ会の様子を撮影するビッグブルーのスタッフたちが、目の色変えてじゃんけんに参加していたため、3名のスペシャルゲストのじゃんけんの写真が無いのです・・・すいません!(^_^;;

各ショップのリンクを貼っておきますので、ぜひ飛んでみてみて下さいね!

沖縄・久米島からダイブ エスティバンの川本剛志さん
沖縄・渡嘉敷島からビブジョーの番田武六さん
沖縄・宮古島からアクアストーリーの國廣哲司さん

魅力溢れる海の超有名ガイドさんからのプレゼント争奪戦は大いに盛り上がりました!剛志さん、番ちゃん、國ちゃん、ありがとうございました!じゃんけんに負けた人たちも、本当に素晴らしい海、ガイドさんという事をビッグブルーが保証しますので、ぜひまた遊びに行ってみてくださいね。

今年は外れ無しで、参加してくださったゲスト全員にお土産を持って帰ってもらいたく月刊マリンダイビング誌からご協賛いただいた海のオリジナルクリアファイルにビッグブルーオリジナルステッカー2種とTシャツ無料引換券(ビッグブルー、リトルブルー、オアシスの3社共通)を入れてプレゼントさせて頂きました。

4月7日〜9日のたったの3日間だけなのですが、本当に濃密〜な充実した時間でありました。マリンダイビングフェアに来て頂いた皆様、ガイド会ライブに来て頂いた皆様、チャバ会に来て頂いた皆様、本当にありがとうございました。また来年の4月にも大いに盛り上がれるよう、また一年タイの海で頑張ってまいります。

次はタイの海で会いましょう!!